中高年になぜ口臭が多いか?

中高年,口臭

 

中高年の人と接すると
口臭を感じる場合がありますね。

 

また中高年になると、
口臭ケアに特に気を配る人もいます。

 

中高年になったら、
口臭ケアに特に気を配るのは正解です。

 

なぜなら、中高年になると
口臭は発生しやすくなる
からです。

 

なぜ中高年になると口臭が発生しやすくなるのか?

 

中高年になると唾液の分泌量が減るからです。

 

唾液の分泌量が減ると、
舌苔も発生しやすくなりますし、
虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

 

舌苔も歯周病も口臭を発生させる
大きな原因になります。

 

歯周病に関しては、
初期段階ではなかなか気づきにくく、
重度に悪化するまで放置していたというケースが
たくさんあります。

 

歯周病とは歯と歯茎のすき間に炎症がおき、
隙間が破壊され、広くなり、最終的には歯がグラグラとし、
歯が抜けてしまうこともある病です。

 

歯と歯茎のすき間を歯周ポケットといいますね。

 

歯周ポケットは口臭の原因となる
細菌たちの生息する絶好の場所
なんです。

 

歯周ポケットで繁殖した細菌たちが
毒素を排出し、口臭を発生させてしまうのです。

 

このように唾液の分泌が減るということは
口臭を発生する一番の原因なのです。

 

そして中高年になると唾液の量が減るので、
特に口臭に気を使うことは、正解なんです。

 

唾液の分泌を促したり、口臭サプリを使ったり、
舌ブラシ、小まめな歯磨きなどを行うことで、
口臭は軽減できるので、
無頓着にならずに積極的にケアしていきましょう。


page top