アポクリン線の特徴 | 体臭・ワキガ

アポクリン線

 

前回、説明したのは体臭、ワキガの発生元となる
皮脂線の特徴でした。

 

体臭・ワキガの発生元となるものが
もう1つあります。

 

それがアポクリン線という汗腺です。

 

汗腺は2つあります。

 

エクリン線アポクリン線です。

 

2つは汗腺ですが、
全く別のものです。

 

エクリン線の特徴

 

エクリン線は体温と水分の調節するための汗を出す汗腺です。

 

運動した時や暑い夏などに出る汗は
このエクリン線から出ています。

 

なので、普通に汗といったら
このエクリン線から出ている汗のことをいいます。

 

エクリン線から出る汗には
塩分が含まれていて、
他にニオイのモトとなる成分物質が
ほとんど含まれていません。

 

なので、ニオイもほとんど発生することがないのです。

 

アポクリン線の特徴

 

一方、アポクリン線は体臭やワキガのもととなる
汗を分泌します。

 

アポクリン線は異性を惹きつけるために
発達した汗腺だとされています。

 

つまり、もともとは嫌がれるようなものでは
匂いではなかったんですね。

 

人間はもともとは野生から始まっていますね。

 

野生において匂いはとても大事なものです。

 

アポクリン線から分泌される特徴的な匂いは
むしろ必要なもの、子孫繁栄のために必要なものだった..
と言えるでしょう。

 

海外ではワキガの匂いはとてもセクシーなものとして
受け止められてるところもあります。

 

ワキガの匂いのもととなっている物質については
いまだにわかっていません。

 

それが解明されれば、
根本的なところからワキガをなくす治療方法も
確立されるかもしれません。

 

今のところ、
アポクリン線自体を切除、除去する発想の
治療法が主流です。

 

アポクリン線除去手術などです。

 

またアポクリン線に皮膜を張ることで
発汗を抑え、発汗機能低下させるという
デオドランドなどもあります。

 

>>人気の消臭サプリについて


page top